本文へジャンプ
  1. sabaijaiconsulting homeHome
  2. Visa tour (バンコク発・タイ周辺国ビザツアー)

Visa tour (バンコク発・タイ周辺国ビザツアー)

もう少しタイに居たい! それならばビザツアーはいかが?

タイに訪れる通常の日本人旅行者は、入国後30日以内に帰国するケースがほとんどですので、ビザの心配はありません。しかし、それぞれの事情から、タイでの観光を続けたい、タイに居てタイ語の学習をしたい、タイに住む恋人ともう少し長く暮らしたい・・・といった決断をすると、ビザ取得の必要が出てきます。そうか出直しだ、と日本に戻って、日本のタイ大使館でツーリストビザ(観光)ビザを取得して戻ってくるのも一つ方法ですが、それではあまりにおっくうです。現実的には、諸外国とは陸続きのタイですから、タイ近隣諸国にある在外タイ大使館で観光ビザを取得し再度タイに戻ってくる、というのが手っ取り早い方法です。

2014年、ビザ無し滞在に対する規制が強まっています。長期滞在を目的とするならビザ取得を!

バンコク発ビザツアー一覧(ビザツアーに同乗して小旅行されてもOKです!)

ツアー名 往路 復路 ツアー料金
カンボジアビザツアーラオス(ビエンチャン)ビザツアー
1泊3日(日曜、水曜出発)
通常はVIPミニバン
(場合により大型バス)
  
通常はVIPミニバン
(場合により大型バス)
おすすめ、ラオス・ビザツアー
3,200THB
通常はVIPミニバン
(場合により大型バス)
  
空路
(Air asia)
5,500THB
カンボジアビザツアーラオス(ビエンチャン)VIPビザツアー
1泊2日(月・火・水・木出発)
往復空路(月・火・水・木出発)
・長時間の車の移動がしたくない方
・川沿いのホテル(スタンダードルーム利用)
→4ツ星ドンチャンパレスへの変更可(+2500THB)
・出入国は陸路(ウドンタニ空港を利用のため)
おすすめ、ラオス・ビザツアー9,500THB
(2名様以上のお申込みの場合、ガイド付きオプション+5,000THBTHB/参加者人数に係らず2日)
知らない方とのグループ旅行が不安な女性、小さなお子様連れのご家族の方など、バンコクからラオス語タイ語日本語ができるガイドが同行。大使館での手続き補助で安心。
2名様以上のお申込みの場合追加で。
カンボジアビザツアーミャンマー
日帰り(★新規で観光ビザを取るツアーではありません。)
ミニバンまたは乗用車
ミャンマー・ビザラン担当:杉浦直接電話でどうぞ。094-158-5550 日本語可)

2,200THB
VisaTour + VISA RUN Value Pack *(日帰りビザランは2014年7月現在不可)
カンボジアビザツアーカンボジアビザツアーラオス&ビザラン1回パック
ラオスへのビザ取りツアー1回+ビザラン1回
2999+2200=5199バーツのところ・・
例:ツーリストダブル+ビザランで180日の滞在

4,999THB
カンボジアビザツアーカンボジアビザツアーカンボジアビザツアーラオス&ビザラン2回パック
ラオスへのビザ取りツアー1回+ビザラン2回
2999+2200+2200=7399バーツのところ・・
例:ツーリストダブル+wビザランで210日の滞在

6,999THB
*出発日について、タイ及びラオスの祝日やその他の事由(洪水・天災等)により変更となる可能性があります。
上記にはビザ代は含まれていません。別途、ツーリスト(観光)ビザのシングルなら1,000THBバーツ、その他のビザなら2,000THBの国の手数料がかかりますので、ご用意願います。ツアー代をお支払いいただいてもビザ代をお支払いされない場合は、ビザは取得できません(超重要事項・ガイドさんは立替えません)。

お奨め! ラオスビザツアーについて(ビエンチャン) --- 只今お得なプロモーション価格!

ラオスビザツアー

ビザツアー概要 ― おひとり様の参加でもご安心ください!

このツアーは、在ラオス・タイ大使館でのビザ取得を目的とする方々のために企画された陸路ビザツアーです(参加者が少ない場合はミニバンになります。ご了承ください)。日本人に限らず、多くの国の方々が単独またはグループで参加されますが、旅行目的は皆様同じですので、老若男女問わずおひとりで参加される方でもご安心頂けます。参加される皆様におかれましては、少しでも楽しいツアーになりますよう、マナーを守って行動してくださいますよう、ご協力お願いします。

ビザツアー・ガイドブック

ご用意いただくもの

必須なのは、①パスポート(原本とコピー)、②証明写真(3×4Cm)2枚、③ボールペン(黒か青)、④ビザ申請料(ツーリストシングルは1000バーツ、ダブルは2000バーツ)、⑤小銭(20バーツ、50バーツ等、ご自宅または集合場所の最寄駅で両替すると良い)、⑥オーバーステイの方はオーバーステイ料金(500バーツ×日数。最高2万バーツ)です。 visatour_girl

その他、⑦虫除け、⑧雨具などもご準備いただければ万全です。着替え等の荷物もあるかと思いますが、身軽であればよし、です。

往復陸路ラオスビザツアー参加料金 (今だけプロモーション価格実施中!)

当社にお支払いいただくビザツアー代金は3,200バーツです。この料金には、ホテル宿泊代(希望がない限り個室です)、食事代、ビザ申請アシスタント代、現地ガイド代が含まれます(国に支払うビザ代はお客様負担)。万一の事故の際の保険につきましては、最高10万バーツを超えない範囲で保証されます。但し、怪我に対しての保証額、命の値段は日本人の常識からすれば非常に低いと言わざるを得ません。ご心配の方は参加を控えるか、ご自身で保険をお掛け願います。★同意したうえで参加してください。

保険(任意)について、プラス500バーツのオプションで死亡・事故時に100万THBの保証を付すことができます。詳しくはこちら

注意事項
  • ・タイ滞在ビザの許可に関して、最終的な判断は現地大使館の担当官となります。出発前に書類の最終確認をし、徒労にならないよう 万全を尽くしますが、ビザ発給はあくまでも大使館の判断となります。とくに発給されなかった場合は申請料をお返ししますが、連泊等になるケースではお客様のご負担でホテルにお泊り願います。
    (特に勤務先で書類を作成したビジネスビザについては、当社がチェックをしたばあいであっても責任は持てません。正式な依頼でないため簡易的にしかチェックできないためです)
  • ・集団行動になりますので、個人行動を控え、スケジュールの時間厳守でお願いします。
  • ・ 乗車したバス、ミニバン、同行するスタッフ、他の参加者の顔を覚えて、くれぐれもはぐれないようにしてください。混雑時にはスタッフの判断で最悪お待ちできない場合も想定されます。★集団行動できない方はご参加できません。本件必ず同意したうえでご参加ください!
  • ・貴重品(パソコン、携帯電話、IPAD、カメラ等)や、失くすと困るもの(ご自宅の鍵、車の鍵、常備薬、思い出の品等)は、常に携行するか、盗難に遭わないようご自身の責任で管理してください。
  • ・ 大量の荷物、多すぎるお土産、非合法の物品の購入・持ち運びはご遠慮願います。

お申込みからご参加までの流れ

ツアーに関しては、下記お申込みフォームからお申込みをお願いします。当社にて、着金が確認が出来次第、旅行案内(ビザツアーガイド・ブック(集合場所、ツアースケジュール、ビエンチャンガイドなどを記載)をお渡を返送いたします。ツアーに関しましてよくあるご質問に関しては下記にありますので、一度目をお通し願います

お申し込みはこちらをクリック
↓↓
サバイジャイコンサルティングへのお問合せはこちら

よくあるご質問

  1. 観光ビザについて教えてください。滞在期間がわからないのですが。また180日ビザというのがあると聞いたのですが。
    観光を目的とする短期滞在の場合、観光ビザ(ツーリストビザ)を取得できます。観光ビザを取れば60日、延長手続きをタイ国内で行えば+30日で、合計90日間、タイに連続して滞在が可能です。さらにダブルエントリーならば、ビザシールのEnter Beforeの日付までに出入国すれば、大使館でのビザ申請手続きは不要で、再度60日間、延長して+30日間の滞在が許可されます。
    (2013/12月追記)180日ビザというのはありません。
  2. (ビエンチャン・ツアーで)1日で観光ビザを取得し帰国したい 
    仕事に影響があるので日帰りでお願いしたいのですが・・というご要望をよく伺います。しかし、ビエンチャンのタイ大使館では、ビザ申請は午前中、ビザ受取は翌営業日の午後です。なので、2営業日(1泊)は必要です。土日祝日(ラオスおよびタイの祝日)は大使館も開いていませんので、平日の2日がつぶれます。
  3. 他社のツアーに比べて安過ぎて、ひどくないか心配です?
    他が高いのでは? というのは冗談、ツアーの開催元や、ガイドブックに広告を出してくれている協賛企業様のおかげです! 他社のツアーのことは分かりませんが、本ビザツアーで利用する、ホテルも綺麗ですし、個室をご用意していますし、食事も毎食バイキングを楽しめます。またほぼ大型バスでの移動となりますので、内容的には遜色ない(もしくはそれ以上)だろうと思います。あとは、当社のビザツアーでは、ビザ取得に難しい案件は取扱いませんので(大使館へのコネやワイロを使用した裏技的な解決はできません(重要事項)。むしろそういった必要性のない、観光ビザ取るのも初めて的なお客様であれば、この料金で参加できますのでたいへんお得です)、そのあたりでコストダウンを図っています。
    観光国タイですから、観光ビザを取得するのは難しくありません。難しいのは過去に何度も観光ビザを取得した人だけです。
  4. 自分でチケット手配して行ったほうが安いんじゃないですか?
    バンコクからビエンチャンまでTransport社(http://home.transport.co.th/en/general-information.html)が長距離バスを出しています(バンコク20時発、ビエンチャン18時発)。片道900バーツで、往復1800バーツ。バスターミナルからホテルまでのタクシー代が50バーツ、ホテルでの宿泊が500バーツ、ホテルから大使館まで往復200バーツ、ホテルからバスターミナルが50バーツ、そして食事が朝・昼・夜・翌朝・翌昼で各100バーツで500バーツ。合計すると、3100バーツ。団体旅行のほうが安上がりです。
    自力でもっと安く行ける、嘘で客を釣るのは悪質、とのご指摘あり。団体旅行のほうが楽と訂正します(2013/5/5)
  5. 観光ビザが取りにくいと聞きましたが?
    良くお問合せで聞きますが一体誰がそんな噂を流しているのか・・。
    申請者の属性が各人で異なるので一概には言えませんが、取りづらい、通用以外の方法で取る必要がある方は、
    ・連続して観光ビザを取っているケース(反社会的活動が疑われるため)
    ・タイや日本で犯罪歴がある・できたケース。
    でしょうか。これ以外で当社のビザツアーにご参加されて観光ビザが却下されることはほぼありません。
    (2013/11追記)過去の履歴により、観光ビザ連続取得による長期滞在のケースでは、タイの銀行での4万バーツ以上の預金残高証明・通帳・タイ人保証人レターが必要。
  6. 次回からは観光ビザを発給しないという赤いスタンプを押されています。参加できますか?
    ビザの赤いスタンプ当ツアーでは参加をご遠慮いただいております(裏工作はしません)。どうしてもトライしたい場合、参加は可能ですが、徒労となる可能性が大きくおすすめしません(本ラオス・ビザツアーでは、ワイロ等を使用したビザ発給の働きかけはいたしませんので悪しからず)。また、新規パスポートを取得したら、ビザがとれるかどうかも、分かりかねます。パスポートを使えなくなる程度に汚したり、只でもらえるビザシール(行くつもりのない国)を張ってページを稼いだりして、新しいパスポートに切り替えたりといった話も聞きますが、そういう努力が実るのかどうかも、分かりかねます。
    (2012/9追記)観光ビザを過去に何度も取得した方にお勧めなのがベトナムです。帰路(タイから第三国に行く)飛行機チケットがあれば観光ビザを取得しやすいといった耳より情報あり。飛行機で行けば約1位時間。
  7. ツーリストビザのシングル、ダブルって何?
    ツーリストビザの滞在期限は、入国日から60日後です。但し、そのビザ期限までに出国するとビザが無効になってしまいます(無効にならないためのリエントリーパーミットもありますがその話はおいておいて)。これがシングルビザの有りていです。これに対してダブルビザの場合は、出国して再度タイに戻ってきたら、その日(再入国日)からまた60日後までの滞在期限がもらえます。そういう性格があるビザです(但し、ビザには入国期限=使用期限もありますので、一年後に戻ってきてまた60日もらおう、なんていうのはだめですが、この話もおいておいて)。タイ ツーリストビザ
    ツーリストビザの場合、入国日から数えて60日後のビザ期限の前に、一度タイ国内で延長申請ができます。そうすると30日間滞在許可が伸びます。そのビザ期限が終わるころに、近隣諸国などに出国して再入国すると、また60日間のビザがもらえ、同様に、ビザ期限切れ前に30日間の滞在期限の延長ができますので、合計して、60日+30日+60日+30日=180日の滞在期間を得ることができます。さらに、また近隣国でツーリストビザを申請して同じことをすると、+180日で1年、さらに、さらに・・・と延々繰り返して、観光ビザでありながらタイに長期滞在している方も昔は多かったようですが、現状では、脱税や違法行為取締りの観点から、学生なら学生ビザ、就労者ならビジネスビザ、タイ人と結婚しているなら配偶者ビザなど正規の長期ビザを取得するよう、促されます。そして、3度以上連続しての観光ビザは発給されない傾向にあります。
    ビザランとは
     
  8. ビジネスビザの申請はできますか?
    観光ビザ以外のビザ申請も可能です。但し、書類はご勤務先の会社にてご準備していただき、事前にお持ちください。こちらのタイ人スタッフが事前にチェック致します。ラオスでビジネスビザを申請する場合、在ラオス大使館で記載されている必要書類(こちら)のなかで特に、トー・トー3(ตท.3 , W.P3)とよばれる労働許可申請受理証明書が必要ですのでご確認の上、あらかじめ取得願います(教員やBOI企業のかたは別。BOIの場合はBOIからのレターは必須)。書類不足の場合は、取得できたケースとできなかったケースが半々で、無駄足になることもあります。
    労働許可申請受理証明書ตท.3 (tor tor 3 , W.P3)について
    タイの会社の雇用主は、労働許可書の申請者である外国人に代わって、タイ労働省に労働許可書取得請願書を提出することができ、労働者の就労ビザの申請に対し、申請受理証明書を添付すると発給が円滑になるというもの(取得には通常2週間かかります)。
    労働許可申請受理証明書の申請先(受取先)
    Ministry of Labor and Social Welfare (Alien Occupational Control Division, Department of Employment) Mit-Maitree Rd., Dindaeng, Bangkok 10400 Tel: 0-2617-6578
    申請フォーム
    トー・トー3申請フォームはこちら
    ★本ツアーを申し込まれていても、当社サイドでのBvisa書類準備はしませんので、ご了承ください。お客様の会社のタイ人スタッフの方への必要書類の説明や、どこに行って何を揃えて・・・といったご説明についてはある程度しか行いませんのでご了承ください。ご勤務先の会社が税金未払いや、社会保険登録が未だだったりするケースもあり、このようなご依頼の場合はツアーとは別にコンサルタント料金をいただく場合もあります。ご了承ください。
    ★ラオスではトートー3が不要、無くても取れた、という方もいらっしゃいます。トートー3に変わるBOIからのレターを持っているBOI企業に就職される方は不要ですし、現地法人のダイレクターで一番最初にビザを取る方などは釈明書でなんとかなったとかいう人もいます。実際は取れたり取れなかったりですので当社では必要です、とお伝えしています。
    ★ビジネスビザ取得とWorkpermit取得の流れについては別途解説ページをご参照ください。
  9. ビザ申請しない(旅行目的)のですが、ラオスビザツアーに便乗していいですか?
    どうぞどうぞ。但し、大使館への移動がありますがそれでよければ。連泊の場合は、ご自身で料金を支払い、次のツアーの便でお戻りください。
  10. ラオスの通貨についての情報は? 
    こちらのページ(ラオス通貨について)をご覧ください。
  11. ツアー中、事故・病気になると怖いので、別途、保険をつけたいのですが? 
    はい、可能です。ビザツアーの出発の3日前までにお申込み頂いた場合、プラス500THBにて、提携先、保険会社による旅行保険を付加することができます。内容は次の通りです。
    ・死亡保障、永久的障害 1,000,000THB
    ・事故や病気による医療費保障 500,000THB
    ・救急車の移動のコスト保障及び遺体の本国送還保障 1,000,000THB
    ビザツアーは安全を第一に実施されますが、保障面でご不安な方に上記オプションを紹介しております(任意加入です)。どうせ事故にならないだろうと保険のあるある詐欺みたいな業者もありますが、実際に保険証書をお渡しできますので、ご安心を。
  12. キャンセルしたいのですが・・・ 
    前日までにお申出いただきますようお願いします。キャンセル料金は2日前までの場合は500THB、当日のキャンセル場合や飛行機便をご利用の場合はいかなる場合も返金できませんので、お申し込みの際はよくご検討願います。返金先の銀行口座をお知らせいただくか、ご来社いただき代金を直接お受け取りください。なお、電話でのお問合せは、正式な参加申込ではありませんのでキャンセル料を請求するということはありません。お問合せはお気軽にどうぞ。
  13. 復路飛行機について
    復路飛行機をご希望の場合、4日前までにお振込の上、お申込みください。当社でチケット手配した場合キャンセルはできませんので、悪しからず。事前にパスポートを持ってきていただくのがベストですが、ご来社できない場合は下記をローマ字でお伝え願います。パスポートの顔写真ページをスキャンして送っていただけると助かります。
    Name:
    Passport #
    Nationality:
    Adress:
    Date of birth:
    Issing country:
    Issing date:
    expiration date:
  14. 日本のパスポートではないのですが・・
    reentry日本、タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポール、ブルネイ、インドネシアのパスポートをお持ちでない方は、ラオス入国にラオスのビザが必要です。 また、日本国籍でない方の日本の再入国許可証でのビザ申請については、審査官判断となります。

お申し込みはこちらをクリック
↓↓
サバイジャイコンサルティングへのお問合せはこちら